検索条件

商品カテゴリー









 

facebookはじめました

 

営業日カレンダー

2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 定休日

定休日には、お問合わせメールへの返信・電話応対、商品の発送をお休みさせて頂いております。

おすすめ情報 TEL:072-338-0323

営業時間  10:00~18:00

おすすめ情報


犬のしつけ 基本編

 

しつけの大切さ


犬のしつけとは、犬が人間のパートナーであるために最も重要なコミュニケーションのひとつです。かわいい愛犬にしつけを強要したり、厳しいしつけの訓練をさせたりすることはかわいそうだと思って基本的なしつけをしない飼い主の方も多いようです。しかし、犬が人間社会で共存していくためにはルールやマナーを学ぶ必要があります。しつけられることによって、犬自身も人間のパートナーとしてより幸せになることができるです。
 
 

しつけの時期


個体差はありますが、生後2か月ぐらいから人間社会になじませ、しつけはその後の生後4か月ぐらいからがよいでしょう。成犬になってからのしつけは、犬の性格が変わりづらいので、飼い主の根気が必要になることもあります。飼い主がペットとのより深い関係を築きたいという愛情をもって、正しい訓練をすることが大切です。

リーダー、順位付け


犬は飼い主が知らないうちに、家族の誰がリーダーで家のなかで自分がどの順位なのか、また、自分がリーダーになれるかどうかの選択をしています。犬自身に自分がリーダーだと認識させてしまうと、飼い主の言うことを聞かなくなって、自分のしてほしいことを飼い主がしてくれないと、吠えたりやんちゃをしたりといった事態を引き起こしてしまいます。まずは、順位付けによって飼い主がリーダーであるということを犬に認識させることが大切です。犬に基本的なしつけを繰り返していくことによって、飼い主がリーダーと認識させることができます。

基本的なしつけ


犬と人間の視線を合わせることをアイコンタクトといって、アイコンタクトは全てのしつけの基本となります。叱る時はハッキリと、決まった言葉で叱ること。叩いたりする必要はありません。また、叱る時に犬の名前を呼んで叱ってしまうと、犬が名前を呼ばれるだけで怖がってしまうようになるので名前を呼んで叱ってはいけません。

飼い主の命令を犬がきちんとこなせたときは、優しくあごや首筋をなでてほめてあげること。おやつなどのご褒美を与えるのもよいでしょう。ほめられる喜びを犬に教えてあげれば、しつけはうまくいきます。効果的なしつけのポイントは「ムチよりもアメ」で、ほめるときはオーバーなぐらいがちょうどよいのです。

また、普段の生活では、犬がソファーや廊下などで寝ていた時、絶対に飼い主が避けて通ってはいけなません。犬をどかせて通ったり座ったりすること。飼い主が犬を避けてしまうと、犬は自分の方が立場が上なんだと判断してしまいます。

散歩のしつけ


散歩中に飼い主を引っ張るような場合は、犬が前に出ようとしたら急速に方向を変え反対方向に歩くか、強制的に伏せの姿勢を取らせます。何度もそうする事で、飼い主が主導権を持つリーダーである事を教え込むことになります。このときに大事なことは、犬は常に左側を歩かせて、方向を変えるときに犬と目を合わせたり、声をかけたりしないことです。


トイレのしつけ

   

トイレの習慣づけ


習慣化が大切です。生後4ヶ月以内の子犬は、だいたい一時間おきにトイレに行くので、しつけるチャンスである時期のひとつです。毎日の朝晩、決まった時間帯にトイレの場所に連れて行き、おしっこやうんちをしなくても繰り返し行うことで習慣づけされます。しばらくは、トイレのおっしこやうんちの匂いがついたペットシートはそのままにしておいて、ペットシートがトイレだということを覚えさせていくと良いでしょう。また、トイレの場所は一度決めたらなるべく移動させないことも大事です。
 

叱り方と誉め方


トイレに失敗したときは、失敗した直後に、失敗した場所のニオイをかがせてハッキリした口調で軽く叱ること。しかし、極端にきつく叱ってしまうと、トイレをすること自体が悪いことだと判断して、飼い主がいないときや、見えないところで隠れてするようになってしまうので気をつけること。時間がたってから叱っても全く効果はないので、後からおっしこやうんちを発見したとしても叱ってはいけません。失敗した場所の匂いは完全に消しましょう。犬は匂いが残っていると、その場所に匂い付けをしようとさらにそこでトイレをしてしまう傾向があります。

犬がきちんと指定した場所でトイレができたら少しオーバーなくらいに誉めてあげること。犬は基本的に、違う場所でトイレをして叱られても「トイレをしたから叱られた」と思ってしまって「トイレじゃないところでトイレをしてしまったから叱られた」とは理解できません。叱るのはほどほどに、誉めるのはおおげさにというのがポイントです。


無駄吠えのしつけ

 

無駄吠えの理由


犬で一番多い苦情は、うるさい無駄吠えかもしれません。本来、犬は鳴いたり吠えたりすることで、犬同志や周囲に対してその意思を表現しているので、吠えることは犬にとってごく当然の行動です。そのため、無駄吠えをしつけて直すことは非常に難しく、比較的無駄吠えをやめさせやすい子犬のうちに正しくしつけることがポイントです。

基本的に、犬が吠える理由は不安や恐怖心、警戒心です。これらを取り除くことが根本的な解決法で、子犬の頃から多くの犬や人、町の中に慣れさせて、ささいな物音や人間に怯えないようにすることが大事です。
 

ストレスによる無駄吠え


狭いスペースで飼われている場合は、犬がストレスや欲求不満で吠えていることもあります。この場合は定期的な散歩やドッグランなどで充分な運動を与えることで、ある程度解決できます。

甘えの無駄吠え


飼い主がよくしてしまう間違いは、エサがほしい、遊んでほしい、かまってほしいなどの理由で犬が吠えている場合に、つい相手をしてしまうことです。そうすると、犬は「吠えると、飼い主はしたいことをしてくれる」と思ってしまって、要求があるときには吠えるようになってしまいます。同じ理由で、吠えているときに叱ってしまうと、犬は「吠えるとかまってくれる」と思ってしまうので、吠えているときには無視することも大事です。

留守番時の無駄吠え


留守中に吠える犬のしつけは、留守番に慣れさせることがポイントです。留守中に吠える犬は、飼い主がいなくなってしまうのではないかという不安から吠えているので、出掛ける時には「留守番ね」など、いつも同じ言葉を使って出かけます。最初は訓練のために、「留守番ね」と言って、短い間隔で戻って来て、徐々に時間を延ばして留守番に慣らしていきます。こうすると「留守番ね」と言って出掛けるときは必ず帰ってくるんだな、と犬に認識させることができます。留守番訓練の時、吠えている間に戻ってしまうと「吠えると帰ってくる」と犬に思わせてしまいます。きちんと静かにしているときに戻って、静かに留守番ができていたことを充分に誉めてあげることが大切です。
 
このページのTOPへ

Copyright(C)2000-2010 EC-CUBE All rights reserved.