検索条件

商品カテゴリー









 

facebookはじめました

 

営業日カレンダー

2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 定休日

定休日には、お問合わせメールへの返信・電話応対、商品の発送をお休みさせて頂いております。

おすすめ情報 TEL:072-338-0323

営業時間  10:00~18:00

おすすめ情報

爪切りはしないといけないもの?

 爪が伸びると色々な所に引っかかってしまいワンちゃんにとって大変危険です。伸び過ぎた爪はかぎ型にわん曲してくるため、カーペットやケージの柵などに引っかかりやすく、外れなくなってしまう場合があります。そうなってしまうと、根元から折れたり抜けてしまう事故につながります。特に家の中には電気コードや敷居など引っかかりやすい物が多いので注意しましょう。


 また、「うちの子は毎日お散歩しているから爪が伸びない」と言う飼い主さんも多いかと思います。しかし、その子の歩く姿勢やスピードによって、爪の削れかたは様々です。すべての爪がキレイに均等に削れているワンちゃんは非常に少なく、どこかの箇所だけは長くなっているというのが大半です。頻繁にお散歩へ行くワンちゃんも爪のケアは大切です。


狼爪ってなに?

 狼爪とは人間の親指に当たる爪で、足の内側の、他の爪より少し上にあります。犬種により手術で小さいときに取ってしまっているワンちゃんもいますが、たいていの場合は狼爪を持っています。


 前肢だけにあるのが大半ですが、ワンちゃんによっては後肢にも付いていることがあります。地面に着かないのでお散歩をしているワンちゃんでも必ず伸びます。丸まって伸びた爪が自分の皮膚に刺さり傷付けることもあるので、忘れずに切ってあげましょう。

家で爪を切ってみよう!

 おうちで爪を切るのに必要な道具は、爪切り(ニッパー式orギロチン式)・ネイルヤスリ・止血剤です。


 はじめに爪がはっきりと見えるようにワンちゃんの足を持ってあげましょう。毛が長いときはきちんとかき分けて爪が出るようにします。


 白い爪のピンクに見える部分には神経(血管)があります。そこから2~3ミリを残した位置で切ります。その後角を取り丸くしていきます。 左の人差し指をストッパーのように爪切りにあてて位置を調節すると、うまくいきます。


 一度で切ろうとすると血管まで切ってしまい、出血してしまうこともあるので、慣れるまではやや長めの位置から少しずつ爪を短くするように繰り返し切った方が良いでしょう。特に爪が黒い場合は、外から神経が見えないので徐々に切っていく方法をおすすめします。爪断面の中心部の色が変わり、その部分がやや柔らかくなったら神経の手前なのでその位置で止めましょう。


 伸びすぎて爪が巻いている場合は、ギロチン型の爪切りでは穴に爪を入れることが難しくなります。内側の角をネイルヤスリで削ってからさし入れることも出来ますが、難しい場合はネコちゃん用やニッパー式の爪切りで少しずつ切ってあげると良いでしょう。


 最後に、ネイルヤスリで面取りをして出来上がりです。


ワンちゃんの支え方を教えて!

 慣れている子であれば足を前に出した状態で切れますが、嫌がって暴れる子はしっかりと身体を押えましょう。


 暴れる子は体と腕の間にワンちゃんを挟み込むようにします。脇をしめ、肘でしっかりとワンちゃんの首の付け根あたりを押さえ込みます。前肢の場合はワンちゃんが逃げやすいので腰からお尻の位置を爪切りをもつ腕も使ってしっかりと押さえましょう。


 爪を切った時の「パチン!」という音や刺激を嫌がる子がいます。怖がるコは、後ろ足から切って怖くないことを知ってもらいましょう。 爪を切っているのが見えると怖がる子もいるので、ワンちゃんから見えない角度(位置)で切るのも良いでしょう。


<

 また、出血してしまってもあわてないでください。爪を深く切りすぎて出血させてしまったときは、市販の動物用の止血剤を使用します。これはペットショップや動物病院で購入できます。パウダー状のものなので、指に取り爪の傷口につけて数秒押さえると出血は止まります。出血が多いときは一度、血をふき取ってから止血剤を使用します。


 止血剤を持っていなくてもティッシュで数分ほど強めに切り口を押えておけば、たいていの出血は止まりますので、あわてず冷静に対処しましょう。


 はじめておうちでワンちゃんの爪きりに挑戦する時「少し不安だな」と思う飼い主さんは、トリマーさんや獣医さんの爪の切り方を見せてもらいましょう。


 爪を長くしたままだと、爪の神経も伸びてきます。常に爪を短めに切っておけば爪の神経も細くなるので、出血させることも少なくなり爪切り嫌いもなくなるかもしれません
このページのTOPへ

Copyright(C)2000-2010 EC-CUBE All rights reserved.