検索条件

商品カテゴリー









 

facebookはじめました

 

営業日カレンダー

2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 定休日

定休日には、お問合わせメールへの返信・電話応対、商品の発送をお休みさせて頂いております。

おすすめ情報 TEL:072-338-0323

営業時間  10:00~18:00

おすすめ情報


サプリメントとは

 サプリメントとは、Dietary Supplementの略。薬なの?食品なの?とちょっと曖昧なイメージでとらえられていますが、正しくは足りない栄養素を補うための栄養補助食品です。医薬品(薬)ではありません。ですから、薬事法によって「~に効果がある、効能がある」といったような宣伝広告はできないことになっています。病気を直接的に治すためのものではなく、足りない栄養素を補うことで基礎的な体をつくり、問題となっている症状に対抗していくといったところでしょうか。

よって、サプリメントを使ったからといって、ある症状に対して即効性があるものでもなく、効果が現れたとしてもゆっくりで、また個体差もあります。


サプリメントは必要か?

健康体であればサプリメントが必要だというわけではありません。が、加齢とともに免疫力や抵抗力、胃腸の働きなどが弱ってきますので、予防的に使うのはいいと思います。これはある獣医師の言葉ですが「 症状が重くなってからサプリメントを使っても、それほど大きな効果は期待できない。それより、そうならない体をつくることのほうが大切。そのためにはわりと若い頃からサプリメントを使うのもいいと思う」ということでした。

もちろん、関節炎がある、皮膚トラブルがある、胃腸が弱くなったなど、何らかの症状を改善する目的でサプリメントを使うことはお勧めします。


サプリメントを使う時の注意点

 犬用サプリメントにもいろいろな種類があり、選ぶのも迷ってしまうほどです。手当たり次第に手を伸ばしてみたくもなりますが、ちょっと待ってください。サプリメント使う時に気をつけたいことがあります。

愛犬にとって本当に必要かを考え、必要なものを与える
被毛が美しくなるように、関節のために、目にいいようにと、あれやこれやサプリメントを与えたりしていませんか? 栄養素を補うものでありながら、カルシウムや脂溶性ビタミンなど、ある栄養素が突出して偏ってしまうことで過剰症のような弊害を呼んでしまうこともあります。体によかれと思ったものが弊害を呼んでしまうのであっては本末転倒。
サプリメントには大きく分けて、ベーシックサプリメントとターゲットサプリメントがあります。前者はマルチビタミンに代表されるような必要な栄養素をバランスよく含んだもの、後者は関節にいいとか、目にいいとか症状別に効果対象のターゲットを絞ったものです。本来であれば、ベーシックサプリメント+ターゲットサプリメントという使い方をするのがいいと言われています。
サプリメントは何の考えもなく、あれやこれや使ってみても高い効果が望めないばかりか、場合によっては逆に弊害を起こしてしまうこともあり得るということです。ですから愛犬がどんな健康状態にあり、何が足りなくて、何を改善したいのか、そのためには何が必要なのか、よく考えてからサプリメントを選ぶようにしましょう。

病気で薬を使っている場合は併用に注意する
何らかの病気や怪我があり、薬を使っていたり、治療をしている場合にサプリメントの内容物と薬とが影響し合ってしまうことがあります。サプリメントを使用する前に、動物病院で相談してください。

成分をよく確認する
過剰症などを招かないためにも内容成分についてよく確認してください。成分も天然と合成のものとがあり、天然のもののほうがより吸収されやすいとされます。与えてみても体に吸収されないようでは意味がありません。吸収度という観点からの一つの判断材料として、固形のものであればぬるま湯に浸し、数十分で形が崩れて分解されてくるようであれば吸収度が高いということになります。
このページのTOPへ

Copyright(C)2000-2010 EC-CUBE All rights reserved.