検索条件

商品カテゴリー









 

facebookはじめました

 

営業日カレンダー

2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 定休日

定休日には、お問合わせメールへの返信・電話応対、商品の発送をお休みさせて頂いております。

おすすめ情報 TEL:072-338-0323

営業時間  10:00~18:00

おすすめ情報

歯周病の危険性

 ワンちゃんやネコちゃんがごはんを食べた後、口の中に残った食べかすを放置しておくと、だんだんと薄黄色のネバネバした歯垢に変化します。歯垢は放置するといずれ硬い歯石になります。


 歯石とは、言うなれば細菌の巣です。細菌は歯石に囲まれて増殖し、歯を支えている靭帯を壊していきます。靭帯が壊されてなくなったとは言え、またそこに硬い歯石が付着するので、歯はすぐにはグラグラしません。注意して観察しないとなかなかわからないのですが、歯茎をめくってみて歯に茶色い物が付着している、くさい臭いがすることなどから発見されます。


 「口がすごく臭い」といって動物病院に連れて行く頃には細菌がすごく繁殖してしまっているのです。


 歯周病はやがて歯槽膿漏に進行します。すると歯だけの問題ではなく、歯石の細菌が原因で心臓弁膜症、慢性腎不全などになることもあると言われています。


歯のお手入れ法を教えて!

 ワンちゃんやネコちゃんの歯をお手入れしてあげていますか? ガムや骨をたまにあげているから大丈夫という飼い主さんもいるかもしれません。


 確かにその方法できれいな歯が保たれている例もありますが、ガムの食べすぎでお腹を壊したり、骨をかたまりのまま飲み込んでしまい、消化管を傷つけたりという害も時折見られます。


 人と同じで、歯石予防に一番良いのはやはり歯磨きです。人が毎日歯の汚れを取ってあげることで歯周病は予防することができます。


 一度付いてしまった歯石は簡単には取る事ができないので、動物病院で取ってもらうことになります。大人しく歯石の付着が軽度の子の場合は押さえてハンドスケーラーで取ることもできますが、暴れる子や歯石の付着のひどい子は麻酔をかけて超音波スケーラーという機械できれいにすることもあります。


歯磨きのコツ

 歯磨きはペットが小さい時期から始めるようにしましょう。


 大きくなってから急に歯磨きやブラッシングを始めるとびっくりして、口に触られることが嫌いになってしまいます。小さい頃(できれば2ヶ月令くらい)から少しづつ毎日歯磨きを覚えさせましょう。


 最初は、抱っこをして全身を触っていくついでに、口をイーっとさせて歯を触り、できたら誉めましょう。口の中に指を入れられてもびっくりしなくなったら、指に小さなガーゼを巻き付けて食べかすを軽く取っていきましょう。


 ここまでできるようになったら痛い思いをさせないように気を付けつつ歯ブラシを使ってみてください。


 大きな子でも同じ様な順番で慣らすことができますが、もしできなかったとしても歯ブラシを噛ませて遊ばせながら磨くという方法で上手くいく場合もあります。


 人用の歯磨き剤は刺激が強く、泡立ちが多いため、使わないようにしましょう。チキンやFishのフレーバーが付いていてペットが嫌がらないような工夫がされている、動物用のものが売られているので、それらを使うようにします。


 それも無理な場合は、液体歯磨きを口に入れてあげるだけでも少しは効果がありますので是非トライしてみてください。


このページのTOPへ

Copyright(C)2000-2010 EC-CUBE All rights reserved.